源頼朝の足跡

源頼朝軍北上の伝承地

治承四年(1180)、源頼朝が石橋山の戦いに敗れ小舟で土肥の眞名鶴崎(真鶴)から安房国平北郡猟島に上陸した。(現在の鋸南町竜島港の南側に頼朝上陸の碑がある。)

機を見て「千葉常胤」を頼り房総半島を北上する折に、周南村山野の三百坂を越えし時300基となり中島、上を経て大井に入った時には各地から頼朝をしたって馬に乗った武者がすでに千騎になっていたという「千騎坂」と呼ばれる坂がある。

その近くには、小さな泉があって、そこは頼朝が鬢髪を梳った(くしけずった)「鬢盥池(びんだらいいけ)」、また烏帽子(えぼし)を脱いで清風に休息した場所は烏帽子坂と呼ばれている。

 

 

 

 

 

 

 


 >>> 妙性寺の官軍と幕府の戦いの真相  >>> 上総堀り発祥地 >>> 古代寺院の瓦窯跡