古代寺院の瓦窯跡

古代寺院の瓦を大鷲から供給

九十九坊廃寺:千葉県指定史跡(君津市内箕輪191)は、上総国周淮郡の郡寺に推定されている古代寺院で、七世紀末から八世紀初頭頃に、郡司(郡の支配者)によって建てられたと考えられています。

「九十九坊」の名称は、創建当時、寺院を中心にたくさんの建物が建ち並ぶ様子に由来するとされています。

これまでの発掘調査により、伽藍配置は法隆寺式と想定され三重塔と講堂の跡が確認され、塔跡とみられる土壇と、土壇上中央にある中心に孔が穿たれている塔心礎石、側柱礎石とされる五個の石が残されており、高さ二十メートル程の三重の塔であったと推定されています。

 

 

 

 

出土品としては、三重圏文縁四葉単弁蓮華文軒丸瓦、重弧文の軒平瓦、平瓦(布目瓦)等が出土しており、これらの瓦は、当時の文化の中心であった大和地方のものと比べても遜色ないといわれています。

この九十九坊廃寺で使用された瓦は、君津市練木の大鷲瓦窯で作られており、上総大寺廃寺にも供給されている。「国造本紀」には、大寺廃寺を建立した馬来田国造と九十九坊廃寺を建立した須恵国造は、「建許呂別命」を同一の祖先として成務天皇の時代に設置されたと記されている。また、大鷲の鈴木徹美氏邸にも窯趾があったとのことで、瓦のかけらが確認されている。


>>> 源頼朝の足跡  >>> 妙性寺の官軍と幕府の戦いの真相  >>> 上総堀り発祥地